ピルを飲むのは朝と夜どっちがオススメ?

避妊するためには毎日ピルを飲む必要があります。
毎日飲むのはいいのですが、同じ時間に飲まないといけないですから、いつが適切なのかと悩む方もいらっしゃいます。

多くの方は夕食後や就寝前に飲んでいるようですが、仕事が終わってから出かける用事ができたりして帰宅が遅くなってしまうことが多い方は飲み忘れてしまうという事もありますので、起床後に服用するようにした方がいいでしょう。
飲み会が多い方も、夜だと飲み忘れてしまうことが多いようですから気を付けましょう。

飲む時間が遅れたり、飲み忘れを繰り返してしまうと、避妊効果が低下してしまいますので、ピルを飲む時間を決めてアラームを設定するといいですね。

丸1日飲み忘れてしまったら・・・・

24時間以内の飲み忘れなら、気付いたらすぐに服用するといいと言われていますが、24時間以上経過してしまった場合は、避妊効果が低くなってしまいますので、ピルの服用を中止して生理が来るのを待ちます。

ピルのうっかりした飲み忘れには十分に気をつけましょう

もちろん、ピルを飲んでいない間は避妊効果はありませんので、コンドームでしっかりと避妊するか、性行為を控えるという方法があります。

生理が来てピルの服用を開始してもしばらくは避妊効果が薄いようなので、コンドームの使用をオススメします。
飲み忘れると避妊効果に不安を感じることになりますから、飲み忘れのない時間を考えてみて下さい。

避妊目的ならジェネリックのピル

避妊するためにピルを飲むとなると、薬代がかかる事になりますから、気になるのは価格ではありませんか?
1ヶ月3,000円ぐらいと言われていますが、それでも高いと感じる方もいらっしゃるでしょう。
ピルを処方してもらうために婦人科も受診するとなると、手間もお金もかかる事になります。

ジェネリック医薬品はないのかと考える方もいらっしゃるはずですが、同じ成分で同じ効果の安全性の高い低価格な薬もあるので、チェックしてみるといいでしょう。
避妊目的の場合は保険が適用されませんので、経済的な面でピル服用をやめたりする方もいらっしゃるようですが、通販で低価格で購入で着る事もあるので、情報をチェックしてみて下さい。

ホルモン量が少なく安心して継続できる

安心して服用できるピルは要チェックですよ!

ピルにはいくつか種類があるんですが、ジェネリックのピルを通販で購入する場合は、ホルモン量の少ない物から選んだ方がいいと言われています。
副作用が少ないピルなら、安心して続ける事ができるはずですし、生理不順の改善や生理痛、月経不順の改善にも役立つのでオススメです。
卵巣がんの予防効果もありますし、子宮内膜症の治療にも使われますので、薬に対する抵抗がある方も安全性が高いことを確認し、服用してみるといいでしょう。

最近は美容や病気を予防するためにピルを飲む方もいますので、ピルの事が気になっている方も要チェックです。